韓国語を専門学校で学ぶメリットとは?入学する条件も確認してみよう

韓国は日本と非常に近い国であり、交流も盛んな国でもあります。しかし、韓国語を専門に学ばれている方は、意外と少ないのではないでしょうか。一見難しそうに見えるハングルも、韓国語の専門学校に通うことで簡単に覚えられるかもしれません。

では、韓国語を専門学校で学ぶメリットとは何なのでしょうか。また、どのようにして専門学校を選べばよいのでしょうか。

日本語と文法が似ている

実は、韓国語は日本人にとってそれほど難易度の高い言語ではありません。確かにハングルは初め気後れしてしまうかもしれませんが、アルファベットのように覚える文字数自体はそれほど多くありません。それよりも文法や単語の暗記などが重要になりますが、日本語と韓国語はかなり文法が似ている言語でもあるのです。

英語では主語述語など、日本語とは異なる順番で置かれている文法が多いため授業で習っていてもほとんど忘れてしまっている方も多いでしょう。しかし、韓国語は文法の並びが日本語とそっくりなので、単語さえ覚えてしまえば文法に気を遣わなくても話せるようになるのです。

もちろん、全く同じというわけではありません。細かいニュアンスの違いなど、ただ日本語の単語を韓国語に入れ替えるだけで成立するほど甘くはありません。しかし、基本となる文法の骨組みが似通っているだけでも最初の一歩を踏み出しやすくなりますし、全く共通点のない言語よりもはるかに習得しやすい言語であることは間違いないのです。

韓国の文化を学べる

韓流スターやドラマが日本へ輸入されたことを皮切りに、韓国文化に興味を抱いている方は増加しています。韓国アイドルでもスポーツ選手でも、韓国文化へ興味を持ち始める入り口は様々ですが、韓国の歴史や文化などをより深く楽しむためにはきちんとした知識が大切です。

その知識を独学で学ぶのは大変ですし、実際に本場韓国人から話を聞きたい場合もあるでしょう。そんな時、韓国語の専門学校なら問題なくスムーズに韓国について学ぶことができます。韓国人の先生も多く在籍していますし、韓国について理解を深めたい方にはうってつけの選択肢でしょう。

また、韓国への留学を積極的に斡旋している専門学校もあります。百聞は一見にしかずと言うように、韓国に興味のある方は直接韓国に滞在することで新たな知見も得られるかもしれません。今韓国で何が流行っているのかを確かめたい方、ソウルなど都心部以外にも足を運んでみたい方など、時間に余裕がある中で韓国文化にじっくりと触れられる機会は貴重でしょう。

一人で外国に滞在することに不安がある方でも、留学のように友人と一緒に足を伸ばすことで安心して留学生活を楽しむこともできるはずです。

目指せる進路

韓国語や韓国文化など、海外文化に触れる機会が多いことからやはりそれ関連の仕事に就ける機会が多くなります。例えば、航空会社はイメージしやすいのではないでしょうか。多種多様な国々の人が訪れる空港では、グローバルな規模に対応できるようある程度の語学力は求められます。

特に韓国は距離も近く、飛行機でお互いの国家間を移動することも大した手間にならず、自然と韓国語に触れる機会も多くなります。そのため、韓国語の専門学校を卒業した人材は広く求められていますし、進路としてまず候補に上がってくる就職先なのです。

他にも、韓国人旅行客などが多い地域ではホテルなど宿泊施設で韓国語を操れる人材を求めている可能性があります。完璧に韓国語を操れなくても、ある程度理解し意思疎通ができるだけで重宝されることもありますし、進路の一つとして検討できます。

また、インバウンド戦略を見越して外国人旅行客を見込める就職先を探すのも手です。

先程も言ったように、韓国から日本へは簡単に足を運べることから、よりインバウンド戦略も検討しやすくなります。それだけ需要の高い分野なので、韓国人を相手にしてもきちんと対応できるのであれば就職先として狙ってみましょう。

専門学校の選び方

まずは就職実績を確認してみましょう。希望の就職先がある場合、その企業への就職実績があればとりあえず安心できます。進路一覧に掲載されていないからといって就職できないわけではありませんが、実績がすでに残されている方が可能性は高まります。

また、講師に韓国人講師が使われているかどうかもチェックしたい所です。韓国人講師がいれば、正しい発音や細かいミスなどを指摘してくれるため、よりレベルの高い韓国語を身に着けることができます。また、韓国へ留学する場合はアドバイスも貰えるかもしれません。

その他にも、ビジネスと進学どちらに重きを置いているかも確認したい所です。ビジネスでは、専門学校を卒業して問題なく就職できるだけのスキルを身に着けられますし、進学なら韓国の大学へ進学できるだけの基礎能力を高めることもできます。

どちらが良いかは自身が抱く将来像によっても異なるので、自分の将来像に合ったコース選択のできる専門学校を探してみましょう。

入試について

入試の内容については専門学校ごとに異なりますが、入学以前の段階ではそれほど韓国語スキルなどは重視されません。ある程度韓国語を操れれば有利になることは確かですが、それよりも本当に学ぶ意欲があるのか、どれだけ熱意を見せられるかで判断されるケースが多くなります。

基本的には一般的な専門学校の入試と変わらないので、AO入試なら面接対策をしっかりと行い、一般入試なら筆記試験対策も欠かさず行いましょう。推薦入試の場合も、書類審査だけで終わる場合もあれば面接が課されることもあります。

大切なのは、どんな入試を行うのかをきちんと把握し、対策することです。それさえできていれば、専門学校で韓国について学べる機会もグッと近づくはずです。

専門学校に妊娠しながら通う

将来韓国で就職したい場合

韓国語スキルを活かせる日本企業ではなく、韓国で就職したい場合は英語も並行して学べるコースなどを探すと便利です。日本よりも就職争いが激しい韓国では、韓国語ができるだけではアドバンテージになるとは限りません。

それ以外のスキルをしっかりと専門学校在籍中に磨いておく必要があるので、自分磨きを怠らないようにしましょう。もちろん、留学など韓国についてより深く学べる機会があれば積極的に参加をして、アピールできる材料を増やすこともポイントの一つです。